B boy




久しく聞かないですね。

先日、仕事での移動中。
地元FM局に周波数が合わせられたカーラジオから、なんだか懐かしい曲流れてきました。

Rhymester - B BOYイズム


この曲。問題ですよ。
「B-BOYのB を定義してみな」とあるが、答えを言わないんですよね。

ご存知ですか?

B boyとは?
スケーターでも、ヒップホッパーでもないんです。

ブレイクダンスのBなんです。
※ただし、諸説あるらしい。

High Fidelity Three - B Boys Breakdance


NEWCLEUS - JAM ON IT


だから、こういう今となっては古臭い機械的でダンスっぽい曲が大元のB boyイズムな曲なんですね。

そんなムーブメントも80年代で廃れてしまったようです。

先ほども言いましたが今ではこれらの曲は古臭い。
ElectroのOld schoolというジャンルに区分され、なんとなく「古典的な」みたいな認識になっているのではないでしょうか?

それでも、生き残りのような人はいて90年代には
DMX Krew- Konnichi Wa!

Ed DMX理想的だわぁ

実は僕はこのジャンルが好き

そうそう、84年の映画「ビバリーヒルズ・コップ」の挿入曲を作ったHarold Faltermeyerも絶対このジャンルに影響されてますよね。絶対!!

Man Parrish - Boogie Down Bronx


Cybotron - Clear


Malcolm McLaren - Buffalo gals


ちなみに最後の曲はあのマルコム・マクラーレンです。



天下のトヨタのお膝元で




日本一の大企業・トヨタの本社があることで有名な豊田市

先日の旅では、その法人税で潤っているであろう街を一度観てみたいと思い、立ち寄ってみました。

愛知県の大都市名古屋から離れた奥地にあるにもかかわらず、それはそれは立派な街でした。

特に道路が綺麗でしたね。
対照的に鉄道の駅(名古屋鉄道の豊田市駅、愛知環状鉄道の三河豊田駅)は言うほど新しくもなく、自動車会社の城下町にあり鉄道がないがしろにされているというメッセージを感じました。

せっかく旅に出て、わざわざ豊田市に立ち寄ったのだから、何かお土産をと思い。

ここは思い切って新型プリウスかクラウンでも買って帰るかなんて、ねぇ。
まぁ、無理ですから、車関連の物を…

調べるとありましたよ。
「クラウン最中」

ほうほう、つたや製菓というところで作ってるのね。
木曜日定休ということは、うん!日程的にOKだ。


以上の下調べをしたにもかかわらず、当日、つたや製菓へいくと…
なんとまぁ、店が閉まってるじゃないですか…なんだかなぁ。

何故だろう?
木曜日定休なら今日は水曜日だから問題ないんじゃない?

あれ?よくよく考えてみると、今日は木曜日だぞ。
何故、一日ズレているんだ?何かがおかしい。

そ・う・だ

旅の出発から去る1ヶ月前、旅仲間となる後輩が慌てて僕の元を訪ねてきたのです。

後輩「ここここ小僧さん!!飛行機はもう予約したんですか?」
小僧「いや、まだだよ。」
後輩「あぁ良かった。外せない仕事が入ってしまって、旅程を1日ずらせないですか?」
小僧「問題ない。OKだよ。」
という会話をして、水曜日から土曜日の3泊4日から、木曜日から日曜日に替えたんだった…。
ということだった。

参った。つたや製菓がやってないのでは、話にならない。
とはいえ、今から代替を調べても、限られた時間の中では達成は難しい。

その時、一人の後輩が「小僧さん、あそこのデパートに寄ってもらえませんか?」
と提案してきたのです。

感心だ。
確かにデパートならありそうだ。

言われるがままにデパートへ行くと、そいつは駆け出して、何故かエスカレーターに乗って上階へ…

えぇ〜デパートの食品売り場って普通、地下とかにあるじゃん。
仕方なくそいつを追うと、そいつは紳士服売り場でTシャツを探し始めたのです。

あれ?キミ…もしかして、デパートへ来た目的はTシャツ買うため?

「はい。他にありました?」

そうなんです。こういうヤツなんです。

そいつを除く3人で食品売り場へいってみるも、クラウン最中は見つからず仕舞。

もう、駄目だと諦めていると、Tシャツをダラダラと観ていたヤツが合流してきました。

「すんません。待たせて…。ああそうだ。服屋の店員が、クラウン最中ならメグリア本店に売ってるって言ってましたよ。」

ん?
そうなんです。ああいうヤツなんですが、こういうこともするんです。

「でかした!!」と褒め称え、僕らは噂のメグリア本店へ

売ってました。クラウン最中

DSC03254.JPG

まさしく、正真正銘のクラウン最中

DSC03255.JPG

丸型最中の真ん中にクラウンのフロントが見えます。

あれ?
上のつたや製菓のクラウン最中とはちがくなぁい?

つたや製菓のクラウン最中は、最中自体が自動車の形

調べてみると、僕が買ったのは菓子工房 風外というところのクラウン最中でした。
えっパチモノ?

更に調べて見ると、つたや製菓の最中には自動車最中というのがあって、それが風外でのクラウン最中と同じ丸型の最中

また、後輩いわく「クラウン最中の横に自動車最中っての売ってましたよ。」とのことで、それは自動車型だったとのこと。

整理すると

       【つたや製菓】  【風外】
自動車型 クラウン最中 = 自動車最中
丸型    自動車最中  = クラウン最中
ということになる。

なお、ネットでしらべると僕がクラウン最中を買ったメグリアとはトヨタ生活共同組合の店舗らしい。

つまり、風外がオフィシャルに近い?

まぁ、そんなことはどうでもいいや。
最中は美味しかったけど、最中以上でも以下でもない味でした。

その後、じっくりネットで調べるとつたや製菓、風外以外にも自動車を象った最中は複数の菓子店で取り扱っているとか。

雷おこしとかもみじ饅頭みたいに一般名詞化した、商標フリーの商品なんでしょうね。

ちなみに、豊田市で走ってる車の9割ぐらいはトヨタ車でした。



怪奇現象




知人から季節外れの極太グリーンアスパラをもらったので、アスパラベーコン巻を作ったのです。

極太なので火を通すためにまずは塩ゆでして、それからベーコンで巻いて、コンロで焼き目を付けます。

と言った感じでごく普通の調理。


コンロで焼き始めて5分後、魚焼きコンロのトレーを引き出すと表面に焦げ目がついた美味しそうなアスパラが…


あれ?ベーコンだけが消えた!!焦げ尽くして焼失したのか?
そんなには焼いてないぞ。

巻いてないのではと思われるかもしれないが、そんなことはない。
だって、この切れ端は別の料理に使ったのだから。

ということで調べるとそれらしい現象がわかりました。

ハイドロ・アスパラ現象」というらしい。
アスパラに含まれるタンパク質分解酵素[1]が加熱されることにより気化して、動物性蛋白質を融解させる現象である。ただし、一定の湿度と温度を満たした条件下のみで観測される現象であることから一般的に知られていない現象であり、時に怪奇現象と誤解されることがある[1]。


なるほど…

だから、ベーコンの影形こそなけれど、味はしっかりしたのね。

嘘のような話ですね。



なめたらあかん(色んな意味で)




DSC03298.JPG
って言うてるやろ

静岡県富士宮市で目撃


7月の旅行ですが…
男4人旅だったにもかかわらず、夜遊びがほとんどできなかった。

イク前には(色んな意味で)
こんな風に考えていました。

旅行を満喫するためには、観光もグルメもそうですが、何と言ってもマンマンキツキツしないと


先ずは、同行者が居るわけで
仝綰擇斑舂匹イク(色んな意味で)
後輩をまいて一人でイク(色んな意味で)
F押垢醗貎佑妊ぅ(色んな意味で)

この三択を想定しつつ、どんなのがあるかを総計4時間かけ、下調べをしていた訳です。
この時間が一番楽しいのね。

岐阜の有名なところ?面倒くさいから名古屋の石鹸島でいいかな?

ナンじゃ!?名古屋のビデオパブって
もしやユーロのサッカーVTRを観ながらカウンターでギネスとかハイネケンとか海外ビールが立ち飲みしている最中に、下半身を露出させるのか?

静岡って何あるんだ? …まぁ宅配健康が妥当かな?

ところが、当日の夜になると

,魯瓮鵐弌偲に頓挫

というのも誘ってみたはいいものの

一人は、清廉でプラトニックなラブを描く汚れのない男
…すごい、表情が曇った。そんなに嫌がるものなの?

一人は、おっぱいパブがいい!!と発狂(俺はイヤ。)
1マンを超える夜遊びは高いといい単独で闇夜の何処かへ消えていった清貧(自分に)正直男
…あの夜、お前は結局どこいってたんだよ。帰った?(他人に)嘘つき男なんだから!!

一人は親戚が死んで葬式だとかで旅行開始間もなく疾走して伊豆の方へ失踪した単独行動男
…弔事だから仕方ないかぁ、ほとんど旅行を共にしなかったなぁ。ほとんど面識のないとかいう、兄弟の義理の父って、う〜ん?仕方ないのか?


それじゃあ、
番じゃダメなんですか?

と思ったが、僕のスーパーコンピュータ京が、,了点で既に願望を打ち明けている挙句、今更になって隠す必要もないことに気づく。


だからこそ、F押垢醗貎

3人で飲食を済まし、10時をまわった頃
僕は繁華街に消える覚悟を決めました…

でも

あれ?なんだろう?
体がイキたがっていない。(色んな意味で)

疲れると酒が回るんだね。

年取ったことも関係あるのかな?
それとも、人生初といっていい本格的な梅雨のムシムシにやられたのかな?

我々が目を離した隙きに正直男が消え失せる。
あれ?汚れのない男と二人

あれ?連れ立って帰路へ?
あれー?
といった感じ。

結局、二都市でチャンスはあったが、いずれも酒と疲れに負けてホテル帰っちゃいました。

しかも、両ホテルとも宅配業者立ち入り禁止。
まぁ片方はカプセルホテルだったけどさ。

いやぁ〜後悔
人生なめずに、コレを舐めてほしかったのにぃぃぃ。

1/1