渚のエディ・マーフィー




当然のことながらやってはいけませんが
車にイタズラをするとしたら、どんなのを思い浮かべる?

例えば十円玉で塗装をぎぃぃぃ?
例えば鍵穴にセメダイン?
例えばタイヤに釘?

ちなみに僕ぐらいだとタイヤに釘は経験があります。(もちろん被害者として)
何年か前の話でしたが、朝、出勤しようかと思うとタイヤの空気が抜けえてカスカスになってました。
ファック!!

ただ、それよりも強烈に思い浮かぶのが
「マフラーにバナナを詰める」
幼稚性にあふれながらも高度なイタズラ

これは映画「ビバリーヒルズ・コップ」の一作目で、エディ・マーフィー扮するアクセル・フォーリーが、現地警察の刑事の尾行をまくために仕掛けたイタズラです。

あの頃のエディ・マーフィーは最高にかっこよかった。

「48時間」は二作とも最高だった。
監督がウォルター・ヒルってのもよかったのかな?

フォルター・ヒルの描くハードボイルドモノはなんていったって銃声が重厚なんだよなぁ。
当時、映画館で見たらきっと銃声が『ドギャーン!ドギャーン!』と重低音で唸り、腹の芯までズシンと響いたのかな?なんて思いながら家庭用ソフトで楽しんでいます。

あぁ話がそれました。

エディ・マーフィーはみなさん御存知の通り、最近ではパッとしない人。

どうにも「ビバリーヒルズ・コップ3」あたりから急に華がなくなって、面白みに欠けてきた感じがする。

その後も「ナッティ・プロフェッサ」とか「ホーンテッドマンション」とか…。
最近では「ジャックはしゃべれま1,000」みたいにコメディー中心に主演を飾っているが…。

あのオシャベリ・ハイテンションキャラは見飽きることはないだろうに、何故でしょうか?
ハングリー精神がなくなったのかな?
ウィル・スミスのせいかな?

最近の彼の活躍をご存知でしょうか?

なんと、レゲエ・シンガーになってるんです。
Eddie Murphy - Oh Jah Jah

初めて聞いた時は驚いて目眩をもよおしました。

にしても、「ジャー」って彼はラスタファリアンなのか?
けれども、いつもの丸坊主で、奴らの教義の一つ「汝、剃髪するなかれ」的なのは守ってないな。

こんな曲も出してます。
Eddie Murphy - Red Light ft. Snoop Lion

曲調はまるで80年代後半から90年代にかけた古臭いルーツ・レゲエだな。
ところでフィーチャリングしている「Snoop Lion」ってご存知か?

Snoop Dogg - Drop It Like It's Hot ft. Pharrell Williams

彼です。彼です。
スヌープ・ドッグさんです。

スヌープ・ライオンとはラスタの導師によって授けらた名前だとか、元々あった大麻常用者のイメージから一切ブレてないから良いんでないでしょうか?

またもや話は戻って

巷では「ビバリーヒルズ・コップ4」制作の噂がありますが、是非観てみたいですね。
おそらく、駄作になりそうだけど。



鼻歌曲検索アプリってすごいっすね




スマホのアプリに鼻歌で曲を検索できるアプリってあるじゃないですか
感動しましたよ。すんごい性能ですね。

以前、録画していたTV番組をボーッと見ていたんですが、BGMにソウル・ミュージックみたいなのが流れていたんです。


結果としてLen Barryの「1-2-3」って曲のサビ部だったのです。

一聴してわかることは
1.ソウル・ミュージックであること
2.鼻が通った発声から白人。いわゆるブルー・アイド・ソウルであること
3.歌詞に「One Two Three」、「A B C」、「It's easy」、「baby」とあること

これらの推測から「lyrics soul one two three A B C easy」という検索ワードで調べて見ました。

検索結果はピンと来る方もいるでしょう。

そう、日本でもポピュラーなJackson 5の「ABC」が多数引っかかっていました。


結局わかりじまい。

そこで、鼻歌曲検索アプリの登場。

TV番組のナレーションの声がガンガン入り込んでいるにもかかわらずBGMを見事に見分けていました。

もしかすると、これを活用すれば、昨年、浅草のストリップ劇場で流れていたカッチョイイ曲の正体もわかるかもしれません。
ただ、僕の音程の狂った鼻歌は見事に認識されないようです。

頼みの綱が途切れた!!

1/1