『セーラー服を脱がさないで』のルーツを求めて





この曲はご存知
おニャン子クラブのヒット曲です。

この元ネタは、Tracy Ullmanの『Breakaway』ではないかなんて言われています。

前奏のデッ!デッ!デッ!というとこも
その後の騒がしい感じもそっくりです。

更にこのブレイク・アウェイのオリジナルが
Irma Thomasの『Breakaway』

アーマ・トーマスの金ピカのスパンコールドレスが綺羅びやかで美しい。
いい映像だなぁ。

ただ、このアーマ・トーマス版のブレイク・アウェイと比較すると、おニャン子クラブのセーラー服を脱がさないでは遠い気がする。

僕は、前奏だけでいうのなら
Gene Chandlerの『Duke of Earl』

の方が時代を飛び越えて、セーラー服を脱がさないでに近い気がする。

もしかして、普遍的なリズムなのかもしれないね。

そもそも、なんでこの話題になったかというと
Tommy McCookの『The Duke Of Earl』がカッチョよかったから。

1/1