アルコールに負ける日がくるとは・・・




忘年会シーズン
今月になって飲み会は早5回目。


あぁ懐かしい歌。

僕には悪癖があって、だされた酒をワンコ蕎麦の如くにカッ!カッ!と次々と胃に流し込んでしまうしょうもないところがある。

そんなことだから、普段から1次会ではジョッキで軽く7杯は飲み干し、2次会でスナックのようなオートマティック給酒システムの店に行くと、最終的には合算で15杯位は平らげてしまう。

当然のことながら、ほろ酔いドランク・モンキーに変身。(そこは元来、酒に強い体質なので酩酊はしない。)

そうなると、気分が高揚するわけで、普段の3倍以上は饒舌に…
この状況で、年配女性陣に「小僧くんは感心する。頭の回転が速い。」なんてお世辞交じりに褒める人がいれば、もうご満悦。

調子にのっちゃうんですなぁ。
良し悪し関係なく、冗談ばっかり言っている…いや、洗練せずに発言を垂れ流すところを考えると「吐露」と言った方がいいか。
とても悪い始末。

ただ、二日酔いはほとんどしない。
アルコールで脱水状態になり、胃がもたれる、頭が軽く重くなるぐらいはあるが…(ん、軽く重い?)
吐いたり、記憶飛んだり、寝込むことは今までほぼなかった。

それが、先日の飲み会。
1次会でスターターのビール1杯、レモンサワーを5杯。
レモンサワー漫談で場を盛り上げる。(たと、思う。)

2次会では水割りを7杯ぐらい。
頭がグワングワンになるまでカラオケ
アニメソング対決で

を披露。インパクトだけで勝利する。

3次会は田舎に似合わないバー
最近、ド・ハマりしているラム―コークを3杯ぐらい飲み干し、可愛い可愛い後輩♀を褒めちぎる。(きっと端から見ると気持ち悪い。)
マスターに愛用のバラクータのG9を褒められて嬉しくなるも、「健さん(高倉健)から影響を受けたクチですか?」といわれ、高倉健は好きだが…スキンズから影響受けたクチなんだよなぁ。とても、もどかしくなる。

最後にイタリア風ラーメンとかいう残念な夜鳴き蕎麦をたべて帰った結果。

翌朝、手先のしびれ、体が芯から冷めて異様な震え、五臓六腑に染み渡ったアルコール疲れ等の症状を呈しているではありませんか。

これは恐怖です。今までこんなこと無かったぞ。
GREEN DA・KA・RAも効果がない。
熱い風呂に入っても効果がない。

これは敗北です。
呼気にアルコールを含んでいるので、午前中の仕事をキャンセル。
社会人としてアルマジロな事態。

しかも、上記のとおりかなりの記憶が残っていて、後輩♀を深夜まで連れまわし、つまらない話を聞かせてしまったことに今更ながら後悔の念が…

職場でその後輩♀が「昨日はありがとうございました。」と挨拶にきたもんだから、一通り謝罪して「余計なことばかりいってたでしょ?」と尋ねると、「私も酔ってたんで気にならなかったし、楽しかったです。」だってさ。
いい子だなぁ。

ねぇ、君、1次会の1杯目以降、ウーロン茶飲んでたよね。
というか、「気にならなかったし」ってことは、何か余計なことは間違いなく言ったんだろうなぁ。

反省しました。絶対、反省しました。
もう、お酒は控えます。
次からは14杯で打ち切りにします。

なんてね。

1/1