オットマンが汚いぜ




昨晩は漫画喫茶に泊まりました。

独りで泊まるのは初めてだったし、独立したブースに篭るという形式はそれこそ初めてでした。

で、漫画を読んでいたんです。

古屋兎丸の『彼女を守る51の方法』、羽海野チカの『3月のライオン』

どちらの漫画もおっもしろかったですわ

兎丸は現代版サバイバル的で良かったですし、3月のライオンはハチクロが面倒でやめた僕もサクサク読めてよかったです。

ちなみに最近僕が楽しみにしてる漫画は

ビッグコミック連載中、業田良家の『神様物語』です。

『自虐の詩』の人ですね。

町に溢れる娯楽や商品は既成のもののバリエーションに過ぎず

毎日同じ場所へ行き、同じ人と会い、同じ事をするマンネリ化した人生

大抵の人はそう退屈を感じることがあるのではないでしょうか?

そうした人間社会に創造主である神様が天使と一緒にやってきて

世界に無駄などないことを体験する、そういう漫画です。

聖☆おにいさんより面白いです。



パイプカッツ




お久しぶりです。

今日は午前中から新宿に行って来たんですが

あっ、まだ僕は東京です。

いやーびっくりしました。

まさかコンクリートジャングル新宿にカジキマグロがいるのかと思いましたよ。

新宿中央公園を目指し都庁の横を通り過ぎようとした時

どこかで見たことのある甘栗色した面にパイロットサングラスをかけた男

そう「松方弘樹」

あの松方弘樹さんが都庁前のアスファルトに釣り糸を……

ではなく、映画かドラマのロケをしていました。

もしかして、ギャル夫チックな人って伊原剛志さんですか?

監督って三池崇史さんですか?

なんで誰も立ち止まらないんですか?

私は田舎者ですか?

私はピアノ?



東京です。




今、東京なんです。

PICT0134.JPG

今日は上野駅と御徒町駅の間に長々と連なる、日本一有名な商店街「アメ横」ことアメヤ横丁に行ってきました。

人酔いする人は絶対に近づけないであろう盛況ぶりで、まさに黒山の人だかり

それにしても首都はすごいですね。商業が生きています。

アメ横では野菜や魚、乾物、お菓子はもちろん

アジアの怪しい食品も売っていて特にアメ横センタービル地下1階にある外国食材店街では

あの有名なバロットも売っていました。

ちなみに僕はカレーリーフという葉っぱを買いにいったんですね。

そうそう

有名人を目撃しましたよ

なんと元皇族の野村沙知代さんがいたんです。

あの古臭い商店街に似つかわしくない

ショッキングピンクのフェルトコートを着てアクセサリをじゃらじゃらつけたシーズー犬みたいな人がいると思ったらなんと

それだけなんですけどね

アイシャドーはやっぱりすごかったです。

1/1