アマゾン音楽制限なし 〜続報〜




Amazon music unlimited
やっぱ凄いわぁ。

本日発売の新譜
GATEBALLERS / 「THE ALL」=「POEM」

が早速アップされてるんですから…

それにしても良アルバムだこと



風/ささやかなこの人生






いい歌ですよね

かぐや姫の伊勢正三と猫の大久保一久という控えめな人達によって作られた
とても、ささやかな歌

男という生き物は"がさつ"だの"粗暴"だのいわれますが、実は繊細さだってあるんですよ。
でも、それを対外的に示す「感情表現」を隠してしまうんですね。


という僕も感情表現は下手
それでも日々生きていく中で、移ろう世界の変化にささやかな感動を覚えているのです。


前にも書いた気がするが

お盆頃の夏の情景が一番好き。


カセットテープの音源なのか、少し伸びた盆踊りのお囃子が響いてくる。

建物に反響して幾重にも音が重なり、どっちから聞こえてくるかなんてわからない。

ただ、きっとあの公園だろうなという察しはつく。

夏至はとっくに過ぎたが未だ日没は遅く、七時ころにやっと訪れる夕暮れ。

その空は紫色で、空気は湿っていて、なんとなく露店で焼かれる焼き鳥の煙たい香りがする


どうです?わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ(松鶴家千とせ風に…)


ただ、こうした思いは滅多に口には出さないですね。
それがかっこいいという訳ではないのにね。

結局何をいいたいかというと、詩人とか作詞家って凄いと思います。

僕らがひた隠しする感情表現を、恥ずかしいとかの理屈を超越して、こうも美しく形にするんですから。

その上、万人に共感を与えられるって凄い。


一方、僕と言えばほとんど会話したことない後輩に風貌だけで怖がられ

こんなに人間関係の機微に恐れるウサギの様な人間とも知ってもらえないことに

ストレスを感じているのか、側頭部の白髪が益々増えていくのでした。


あの子達に詩を送ろうかな



しゃっくりみたいな歌




Suburban Lawns - BABY


Siouxsie And The Banshees - Happy House


パンクっていうの?
知らないジャンルだけど、けっこう良いかもね。

Suburban Lawns -- Janitor

こりゃひでえぜ



T-POP(indies寄り)




7月に台湾いってきます。
今回の旅仲間は後輩2人。

彼らとは趣味が微塵も合いはしない故、単独行動でライブなんてのが見たいと思っております。

目をつけているのがこの2組

黃玠瑋 Zooey Wonder / Fog Forest


四枝筆 Four Pens / 夏季悲歌


このいずれかがタイミング合えばライブに行ってみたいと思います

1/30 >>