Big up reggae music




ジャマイカの「レゲエ音楽」が無形文化遺産 日本も推す

レゲエ愛好家として誇らしい限りです。

なんとナマハゲと並ぶ快挙

ナマハゲといえばジャパニーズ・ドレッドヘアでお馴染みですからね。
元祖ジャパレゲといっても過言ではありません。


ちなみに、ユネスコの無形文化遺産というと、日本の芸能では歌舞伎とか能とか人形浄瑠璃、アイヌ古式舞踊等が既に登録されているようです。

さてさて、音楽部門の登録は?と調べてみますと…

アゼルバイジャンのmuğam(ムガム)


モンゴルの馬頭琴


等々と民族を代表する文化ですね。

それに比べてレゲエと言うと、確かにジャマイカ人の魂かもしれませんが
できたのは1960年代ですし、歴史は浅いようなぁ。

昨年はナポリピッツァの職人技、2016年にはキューバのルンバが登録されている。

もしかして、ネタ切れ気味なのかな?

とはいえ、大変おめでたい。今後、ますますのレゲエの発展を願うばかり。

最後に我が日本国を代表するレゲエを紹介する。
「忍豚レゲエ」

<< Into the rainbow | トップページへ | 深夜ご飯 >>

トラックバックアドレス


コメント

コメントフォーム