アフリカにバッタを見た




ミリアム・マケバのことは知らないだろう。

ただ、この曲は知っていると思う。
Pata Pata



ミリアム・マケバは南アフリカの人だ。
れっきとしたアフリカ音楽なんだなこれが。

ジャマイカのナイヤビンギに似ている。
ジャマイカ音楽のルーツは確実にアフリカにあると気づく瞬間だ。



それはそうと、さっきのPata Pataって曲
音楽の途中途中に「カコッ」っていう、炸裂音が聞こえないか?

少し気になって調べてみると、これはノイズではなかった。

正体はクリック音というもので
ミリアム・マケバの母語であるコサ語の独特な発声法らしい

面白い言語だな。


ゴスペルみたいな曲だな。

それより、なにより、この動画は何故、背景の岩が踊るように揺れているんだ?

<< アカスリ(抜きなし) | トップページへ | so long and thanks for all the fish >>

トラックバックアドレス


コメント

コメントフォーム